井上ランチ

本日、こんなん食べました。 [築地・新橋・銀座・六本木・麻布界隈のランチ記録]
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    桂川ウェルネスパーク「里山交流館」 温かけうどん
    0



      ▲コスモスとはちょとちがーう ポピーか?
      ▲このパーマの看板いい!
      ▲今回ねらっていた赤初茸(アカハツ)
      ▲生まれて初めて収穫した天然のキノコ(ムラサキシメジ?)
      ▲▼その他 井上きのこコレクション
      ▲この色はじつに毒々しい
      ▲みんなでティラミス茸と命名
      ▲ザ・きのこって感じ。かわいいー
      ▲ほうきだけ 食べられません。
      ▲ツチグリ
      ▲松茸より美味しいと言われるシモフリシメジか!?
      ▲▼こんなに採れた

      職場のキノコ狩り名人にキノコ狩りへ連れて行ってもらいました。

      駅で待ち合わせをし、名人&お供の方々と車で山へ向かいます。車を適当なところで止めて、登山の準備をし、いざ キノコ狩り! 今回狙うのは赤初茸です。

      林道を歩いているうちからチラチラと珍しいキノコが見られます。ホコリタケは丸いカサの部分をツンツンするとバフッと胞子がほこりのように飛び出ます。「胞子を吸っちゃダメですよ」と名人の注意を受けながら進みます。そして人生初の収穫はムラサキシメジでした(たぶん)。ブランデーグラスを持つようにしてキノコのカサの下に指を入れて土から引き抜きます。ぬをーーっ! た、たのしい♪ 薄紫色のビラビラが美味しそうなキノコです。

      その後、見つかるのは毒キノコっぽいものばかりで、名人も「今日は無理なのかー」と焦り始めたところでオレンジ色の赤初茸を発見! 一度発見するとドンドン見えてくるもので、あるはあるは、赤初茸がいたるところに生えています。こりゃ滑落や遭難も十分あり得るなと思いながらもハイテンションで収穫していきます。

      そうこうしていたらスズメバチがブーンとやってきました。これは巣が近いかもしれないということで下山することにしました。あのままキノコを採り続けていたら下山が何時になったことか... スズメバチさんありがとう といたところでしょうか。

      食べることを忘れてキノコ狩りをしていたのですが、下山し気分が落ち着いたらお腹がグーグーいってきました。「桂川ウェルネスパーク」で食事をしていくことにしました。

      本日は「温かけうどん」(200円)にトッピング「海老天」(160円)と「かき揚げ」(120円)を注文です。

      少々欲張り過ぎたようです。"巨大" な天ぷら2つもお皿に盛られてきてしまいました(^^; でも温かいおうどんは美味しかったです。

      収穫したキノコをみんなで分けて帰宅です。ああー楽しかった! でも 私は食べるより写真を撮りたい人なのかもしれないと思ったキノコ狩りデビューでありました。なにはともあれ、突然のお願いをきいてくれて山へ連れて行ってくれた名人に感謝!

      よろしかったら私をポチッとな )Oo。q人気ブログランキングへ

      桂川ウェルネスパーク内「里山交流館」
      山梨県大月市富浜町鳥沢8438
      0554-20-3080
      11:30-18:00
      | 井上 | 山梨県 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
      大菩薩嶺(2057m)
      0




        ▲え!?w

        ▲タマゴダケ



        百名山の一つ、大菩薩嶺へ行ってきました。
        お天気が良ければ素晴らしい眺望が約束された初心者に優しい素敵な山です。
        綺麗なタマゴダケにも遭遇できた素敵な山行でした。


        | 井上 | 山梨県 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
        戸隠 その2
        0

          ▲戸隠山が見えます。 電柱邪魔

          ▲木はお互いお話をしますのよ。朝礼中とみた!

          ▲もみの木の赤ちゃん









          ▲白馬でしょうか

          ▲▼うずら家 お客さんらがワラワラと...











          ▲水が澄んでいました。ものすごく。

          ▲中社

          ▲三本杉のうちの1本 巨木です!

          ▲素朴な味の胡桃といちぢくのタルト 美味しかったー。





          ▲奥社への道は長い
          ▲奥社 到着!





          ▲激うまの「そば薄焼き」

          ▲なすのシールが貼ってあるのにあずきが4つだった(・・、)





          ▲さよなら戸隠

          朝6時起床。キーンと冷たい空気の森を散策します。
          こんな風に毎日を迎えられたら素敵だなぁ...
          別荘欲しなぁ...というか森の中で暮らすって素敵かも。
          そういえば こないだなんかの雑誌で山売ってたゾ!!
          などと考えながら歩きます。

          7:30朝食の時間です。昨晩あんなに食べたにもかかわらずお腹は空くのであります。でもってこれまたボリューム満点。でも完食です。

          離れがたい山荘に別れを告げて戸隠神社へ向かいます。途中の景色がこれまた美しいこと! 雪をかぶった山ってなんでこんなに素敵なんでしょう。ウットリ
          wat氏に自分撮りテクを伝授してもらいデジカメで何枚も自分と山を激写しますw

          戸隠神社の中社に到着。門前にある「うずら家」でお蕎麦を食べます。11時の開店前から人がワラワラと集まっています。私たちも名前を記入して開店を待ちます。 しばらくしてたいへん感じの良い店長さんが名前を読み上げ入店。2階へ通されました。

          本日は「ざるそば」(840円)、「高原野菜の天ぷらの盛り合わせ」(850円)、「きのこいろいろ天ぷらの盛り合わせ」(850円)を注文です。

          そもそも戸隠そばはその美味しさで有名ですが、こちらは特に美味しいということで有名なお蕎麦処。まずは神経を集中してつゆをつけずにお蕎麦だけをズズズズズ。 おや? 口に広がるお蕎麦の風味が感じられない。とてもみずみずしいのですが、これが果たして美味しいお蕎麦といえるのか…… 残念ながら私にはわかりません。でも甘めのつゆは私好み。つゆとのコラボが蕎麦の味だっていうのなら確かに美味しいと感じます。人気だという天ぷらはサクサクで最高です。初めて食べた栗の天ぷらには感動しました。ムカゴ(里芋の実?)は口に入れて噛んだ瞬間マヨネーズの味がしてビックリでした。

          中社を参拝します。ラッキーなことに社殿の中に綿帽子を被った綺麗なお嫁さんがいました。幸せが充満していたわけです。末永くお幸せに。
          中社には3本の巨木が神々しく正三角形を作って植わっています。1本の木に抱きついてみました。じんわりと幸せを感じます。

          社務所のおねーさんによると、積雪のため参道ややキケンということでしたが せっかくなので行ってみようと奥社へ向かうことにいたします。 とその前に、車に乗り込もうと「うずら家」の駐車場へ歩いていたら、途中に「十輪」という喫茶店を発見。迷わず入店&ケーキ(胡桃といちぢくのタルト)と珈琲を注文です。脱線しまくりでなかなか先へ進めない私たちなのであります。

          この店を出たところ(入る前だったかな)で ひとつ驚きがありました。「うずら家」の店長さんがこちらの方へテクテク歩いて来て「先ほどはお越しいただきありがとうございました。またお越しください」的な挨拶をして通り過ぎていったのです! 私たちのことを覚えていてくれたわけですね。あんなにたくさんのお客さんが出入りするというのに、これはスゴイ! この店の魅力は "人" なのかもしれないなと思った瞬間でした。

          車で走ること数分。奥社参道入口に到着です。雪が薄く積もりところどころ凍って歩きづらい道が2kmほど続きます。途中からご老体にはきつそうな傾斜もあります。トレラン用の靴を履いてきているということもあり、快調に歩を進めることができて何とも楽しい! 思わず途中で走ってしまったほどです。
          無事に到着した奥社。バチが当たること怖がらずに言っちゃうと「へ?これ??」と目が点になっちゃうような味気ない社殿が2つあるだけです。中社が立派だっただけにちょっと拍子抜けしちゃいました。 でも後ろに聳える急峻な戸隠山は神々しく、その場にいると気が引き締まるってもんです。 お札にお願い事を書いて、おみくじをひいて、根付風のおまもりを買って山をおります。

          下りは上りよりも辛いです。なぜならツルツル滑るから。オソルオソル足元に神経を集中させて歩きます。駐車場にあったそばソフトを食べることだけを楽しみに。
          (その後、そばソフトが売り切れであることを知り愕然とする自分がいるとは知らずにがんばる井上さん)

          鳥居のあたりで本物の修験者を目撃しました。なぜかとても眩しくてまともにお顔を拝見することができなかったのですが、幟を持って白い装束の長い袖をヒラリとさせながら凛々しく歩く後ろ姿は まるで鷲や鷹のようでした。

          さぁ、東京へ帰りましょう。 とその前に戸隠そばをもう一回♪
          お菓子を買ったコンビニで立ち読みしたそば本で紹介されていた「たんぼ」へ行きました。田舎の大きなお家にお邪魔したような広いお店です。シンプルにお蕎麦の味を感じたかったので注文はざるそば。でもメニューを見ると気になるメニューがあります。それは「そばの薄焼き」(300円)です。お店のおねーちゃんに「これはなんぞ?」と訊ねると簡単な説明とともに「人気なんですよ」のひとこと付き。注文せずにはいらません。ざるそばも、つゆとのコラボで美味しかったのですが、結局一番美味しかったのがこのそばの薄焼き! みんなももっと食べたいということで追加注文までしたほどです。脳天にも口があるんじゃないかと言われるほど食べまくるサオリネと二人で「もう一皿いっとく?」的な会話をしていたらみんなビックリ。でも私たちはかなり本気だったのであります(笑)
          おみやげに「そばおやき」(110円)のなす2個、あずき2個を注文して帰路に着きます。乗車するなりあずき1個をパクリ。誰か止めてくりーこの食欲。

          高速に乗る前に、おみやげが足りてないことに気づき、「おぎのや 長野店」へ立ち寄りました。京さまが布団が掛けられた蒸篭の中の釜飯を発見! た食べたひ... でもさすがにこれは我慢しました。

          関越、中央道ともに大渋滞です。どこかのSAでお茶でもして少しでも渋滞を回避しようということで、横川SAのレストランに入りました。私は車内でおやきをパクついていたのでおとなしくコーヒーを頼んだのですが、sachinとwat氏が何か食べたそうです。それも「メガトンランチ」(オムライスの上にハンバーグ、左サイドにカレー、右サイドにハヤシのソースがかけられた一品)なるものをみんなで食べようとのご提案! じつに興味深いメニューだったのですが、リバースの危険を感じたので「食べよー食べよー」といつものように煽るのはやめることにしました。

          なんとか大きな渋滞に巻き込まれることもなく自宅まで送ってもらい無事に帰宅しました。瓶がおしゃれだなと思い自分用に買った「枡一市村酒造」の日本酒「SQUARE ONE(スクウェア・ワン)」をちびっと飲んだら泥のような眠りに落ちてしまいました。

          美しい景色の中で 美味しいものを食べて、楽しい仲間と爆笑しまくる。友人や大地や神様らにパワーをもらうことのできた、ほんとに充実した楽しい週末でした。

          ■うずら家
          長野県上水内郡戸隠村中社3356
          0262-54-2219
          10:30-16:30【売れ切れ仕舞い】
          8月中無休・11末〜12中休業
          うずら家
          ※クリックで拡大

          ■十輪(じゅうりん)
          長野県長野市戸隠中社3347
          026-254-2030
          8:30-21:00(11〜4月の土日祝以外は〜17:30)
          木休み(8月は無休)
          十輪
          ※クリックで拡大

          ■戸隠そば たんぼ
          長野県上水内郡戸隠村豊岡10217
          026-254-2261
          10:00-18:30
          火休み(予約は営業)
          たんぼそば店
          ※クリックで拡大
          | 井上 | 山梨県 | 22:25 | comments(4) | trackbacks(8) |
          戸隠 その1
          0







            ▲栗鹿の子 激うま!

            ▲おされな店内







            ▲栗アイス最高に美味!

            ▲「枡一市村酒造場」の "SQUARE ONE" ボトルのデザインが素敵!



            ▲お店の奥にバー



            ▲▼こねつけ(高菜入り)



            ▲善光寺












            日本の2大パワースポットのひとつなどと言われる戸隠を旅してきました。

            23日の夜からN邸入りし、24日朝5時起床で信州方面へ向かいます。気温は低いもののお天気は最高。空気が澄んでいるのか、車中から見るゴツゴツした妙義山や雪をかぶった南アルプスの山々が真っ青な空をバックに んまぁー美しいこと!

            興奮しながらおにぎりやスタバのスコーンなどをモリモリ食べているうちに、最初の目的地、栗の町 小布施に到着です。何よりも食べること優先の女子3名は、町並みや北斎美術館よりも どこで何を食べるかが重要(笑) まずは11時オープンの小布施堂のレストランに予約を入れます。

            本日は「信州牛のランチ」(2100)円を注文です。

            ・柿なます
            ・野沢菜と牡蠣の葛仕立て
            ・信州牛の丼
            ・栗菓子(栗羊羹、栗鹿の子、本日の生菓子から選ぶ)

            栗鹿の子で有名な「小布施堂」の物販コーナーの奥にあるモダンでこ洒落たレストラン。スタッフの対応もキッチリしていてなかなか洗練されています。何よりお食事がどれもこれも美味しい! どのお皿も、口の中で単純でない味の妙を楽しませてくれるお料理ばかりなのです。幸せ感じました。  また、食後 ウロついている時に食べた、これまた小布施堂の栗のアイス(350円)も絶品! 私にとっては甘味が少々足りませんでしたが、中にたくさん入っている柔らかく調理された栗のかけらが満足度を高めてくれる、寒くなければもう1スクープいってたほどの美味しいアイスクリームでした。

            小布施は、葛飾北斎が晩年のある一時期を過ごした所としても有名なようで、多くの肉筆画が展示された美術館があります。浮世絵の世界の知識はほとんどないため浮世絵師の個性までを感じることができる展覧を観たことがありませんでしたが、今回、数点の作品をじっくり観て 自由に楽しく生きる北斎の人となりに触れることができたように思います。画狂老人卍筆の画号で描かれた「一輪の椿と鮭の切り身」などはたまらんのであります♪

            食べ続ける私たち。 駐車場へ向かう路地で、餃子のお化けのようなこねつけ(150円)(おやきの仲間!?)を発見。150円という価格も魅力的だったので迷わず購入。ややしょっぱかったけれど、これもまた美味しいおやきでした。saorin 絶賛。

            次の目的地は善光寺です。"御開帳" やら"本堂再建三百年" とやらで その名前をチラチラ聞くことの多い善光寺でしたが訪れるのは今回が初めて。なんとなく緊張していましたが「川崎大師だね」という規模に親しみを感じました。
            お寺や神社でたくさん売られているお守り類、年末のお炊き上げに持って行けずに溜まっていく傾向があるため あまり買わないようにしていますが、これからの登山にご利益のありそうな「足腰守り」なるキラキラときれいなお守りがあったので購入しました。

            なんと珍しいことに ここ善光寺まわりでは食事なしです!!
            (いくつかあるお蕎麦屋さんのおそばがことごとく売り切れていただけという話)
            途中コンビニでチョコなどを買って今日泊まる山荘へ向かいます。

            標高1000mほどの山の中腹にある山荘。1日5組ほどしか泊まることができないという こじんまりと静かで激しく素敵な山荘です。

            お風呂に入り夕食の時間です。 これがすごい! 体育会系男子学生向けメニューかってほどのボリュームなのです。 ここまでの道々 チョコやお菓子を食べまくっていたので残念ながら完食することができませんでした( ´`)ゴメンナサイ

            食後、暖炉やソファ、コルビジェのシェーズロングなどがある天井の高いリビングにて、爆音でサティを聴きながらみんなぐったり(←食べ過ぎのため) 静かで寒い森の中、暖かい部屋でぼーっと物思いに耽る... 素敵な時間でした。

            部屋に戻り、ワインを飲みながら、昼間 小布施堂で購入した「市田」を食べます(さらに食べます)。sachinが持ってきてくれた「お誕生日大全」という占いの本で5人それぞれの誕生日ページを読んで大盛り上がり。なんとこの5人はソウルメイトやライバルというキーワードで繋がりがあることが発覚したのです! どうりで いつもこの5人でいると濃ゆい空気を感じるわけです(笑)

            大騒ぎをしてぐったり。ベッドに入り、軽くガールトークをして静かな森の中で深い眠りに落ちていきます。 さぁ明日はついに戸隠神社と戸隠そばの日です。

            つづく...

            小布施堂(おぶせどう)
            長野県小布施町808
            026-247-2027
            10:00-17:00

            小布施堂
            ※クリックで拡大
            | 井上 | 山梨県 | 22:09 | comments(8) | trackbacks(0) |
            「AFGHAN」 ベーコンエッグカレー
            0





              秋の空



              清泉寮 ジャージーハット

              清泉寮のパン&ジャム工房

              清里へ行ってきました。詳細後で書きます。

              清泉寮のソフトクリーム 300円
              アフガンのベーコンエッグカレー 1,600円

              ■AFGHAN(アフガン)
              山梨県北杜市大泉町西井出8240-3510
              0551-38-3148
              11時30分〜14時、17時〜19時(無くなり次第閉店)
              火(定休日が祝日の場合は翌日休、月曜は夜休、他不定あり)
              駐車場あり(無料)20台
              中央道小淵沢ICより八ヶ岳公園道路経由、清里方面へ25分

              アフガン
              ※クリックで拡大
              | 井上 | 山梨県 | 23:58 | comments(8) | trackbacks(0) |

              みんなのブログポータル JUGEM

              一番上へ